婚活サイト比較

未婚・・・

昔は結婚する年齢が男女ともに早く、20代の後半から30代の前半までに大半の人が結婚していたとされています。しかし、現在では20代後半から30代の前半までで未婚でいる人の割合は、全体の半分以上であると言われ、晩婚化や生涯未婚である人の割合が増えています。近年20代から30代における未婚率の上昇は著しく、これには、現代における様々な問題が関係しているとされています。


まず、未婚のままでいる人が多い事に、結婚できる状態ではないという問題があります。これは、収入格差による問題で、正社員ではなくフリーターやアルバイトのまま30代となる人が多くなり、結婚しても家族を養っていく力がないという問題があります。


また、これまで就職したら結婚して、子どもを産むといったライフスタイルは古い考えであるという風潮があり、男性に限らず女性であっても結婚よりもバリバリと仕事をこなして、社会的に認められたいと考える人が増えている事が、未婚の人が増えている原因と考えられます。未婚である事は、決して悪いという事ではありません。


結婚すると、時間や金銭、また交友関係における自由がなくなり、これまで未婚時代にあった自由はほぼなくなる事になります。また、結婚すると責任が増える事になり、子どもができれば、ますます自分の為だけに使用できる自由はなくなっていきます。


しかし、子どもを立派に育てていく喜びや、将来的に両親もいなくなった場合の孤独などを考えると、未婚のままでいることのメリットよりも、結婚して得られるメリットの方が大きいと考える人の方が多いようです。最近では、未婚や死別などによる高齢者の孤独死などの問題が増えており、今後ますます高齢化社会となっていく日本において、未婚率の増加は大きな社会問題となっていくと予想されます。


ただ、未婚でいようと考えている人が少ないのも事実で、多くの未婚者が出会いや機会があれば結婚したいと考えています。結婚相談所や結婚情報サイトなどが非常に充実してきており、結婚を考えている人は積極的に利用していくといいでしょう。

PR
東京で結婚相談所を探すならエクセレンス青山